WordPress

ワードプレス初心者におすすめのプラグイン10選!

今回はワードプレス初心者がインストールすべきおすすめプラグイン10選をご紹介!

初心者にとってプラグインは聞きなれないワードですが、簡単にイメージするならワードプレスをカスタマイズするということです。

便利性とは人によって違うと思いますが、

  • 『装飾のバリエーションを増やしたい』
  • 『セキュリティーを高めたい』
  • 『SEO対策を強化したい』

など、サイト運営を効率化するにもプラグインは欠かせません。

それこそ数えきれない程のプラグインがあり、いろいろ試してみたくなる気持ちも分かりますが・・・プラグインは必要最低限がベストです。

プラグインをたくさんインストールすればサイトは重くなり、記事の表示スピードが下がりユーザーの離脱、更に利用しているテーマと相性が悪く悪影響を受けるなんてことも。

一般人がプラグインを作って投稿できるわけですから、全てが良いプラグインとは限らないんですよね💦

そこで、いろいろ悩むよりも絶対入れるべきおすすめプラグインを〇個ピックアップしました。

最低限で充分便利に活用できるので、初心者はおすすめプラグインをインストールし運営してみると良いですよ♪

ワードプレス初心者がおすすめプラグイン10選!

僕が実際に使い続けている不動のプラグインを10個ピックアップしました。

初心者でも、このプラグインを入れておけばサイト運営に支障は出ません。

前述した通りプラグインは少ないに越したことはありません。

少ないプラグインで最大限のパフォーマンスを発揮できるプラグインですし、メンテナンス更新も多いので安心して使えますよ♪

UpdraftPlus Backup

サイトのバックアップを取るためのプラグインです。

ワードプレスの設定前や投稿数が増えてきたら定期的にバックアップを取りましょう。

構築が進めば進むほどサイトは財産になります。

万が一にもデータが消えてしまうようなことがあっても、定期的なバックアップで大切なサイトを守れるので必ずインストールしましょう。

Classic Editor

Classic Editorは旧エディターに戻すプラグインです。

ワードプレスのバージョンが5.0以降は、「Gutenberg」というエディタになっており記事作成画面が変わっています。

慣れた旧エディターで作業したい方はClassic Editorで解決しますよ。

記事作成に便利なプラグイン

普段もっとも時間を使う記事作成ですが、装飾に便利なプラグインを紹介します。

TinyMCE Advanced

ワードプレスプラグイン初心者

TinyMCE Advancedは文字装飾を簡単にできるプラグインです。

文字装飾といっても『文字色変更』『ボックス』『表』など数多くの方法がありますが、それらを全てコードで逐一入力するのは大変です。

TinyMCE Advancedなら記事作成画面で直感的な操作が可能になり、記事作成スピードが上がるのでこちらも必ずインストールしましょう。

AddQuicktag

AddQuicktagは、よく使うボックスや吹き出しなど、本来コードを入力しなければ表示できない装飾をボタン一つで挿入できるプラグインです。

装飾といってもある程度使うものは限られてくるので、AddQuicktagに登録することで便利に活用できます。

こちらも都度コードを別ページからコピーして入力していては面倒なので、効率アップを考えるならインストールは必須のプラグインです。

Table of Contents Plus

Table of Contents Plusは、作成した記事に見出しを自動生成してくれるプラグインです。

記事に訪れたユーザーが欲しい情報にいち早くたどり着くために目次は欠かせません。

知りたい情報を目次から選択すれば、スクロールしなくても選択項目を表示してくれるので、ユーザービリティー向上にも繋がります。

目次に表示させる見出しサイズも細かく設定できますが、基本インストールして有効化するだけでも十分使えるので、設定が苦手な方でも安心して利用できます。

Pretty Links

Pretty Linksは、おすすめする商品やジャンルの広告コードを簡単に挿入できるプラグインです。

アフィリエイトで商品紹介する記事を作成する際に、商品の広告コードを毎度検索してコピーしていては非効率です。

よく使う広告コードを登録することで、広告代理店の商品コードを毎度調べる必要もなくスムーズに挿入できるので、記事作成スピードを上げる為にも入れておくべきプラグインです。

SEO対策に便利なプラグイン

SEO関連にも忘れてはいけないプラグインをまとめました。

All In One SEO Pack

All In One SEO Packは、SEO対策を一括管理できるプラグインです。

  1. サイトタイトルにSEO対策キーワードを設定
  2. ディスクリプション設定
  3. XMLサイトマップの送信
  4. Google search Consoleと連携
  5. Google Analyticsと連携
  6. Noindexの設定

など、SEO対策の9割はこのプラグインで完結できます。

設定項目は多いですが、アクセスを伸ばしていくなら必須プラグインなので、必ず設定しましょう。

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemapsは、サイト構成を検索エンジンに伝える為に必要なプラグインです。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンに表示するには、記事投稿した後、クローラーという検索ロボットが記事を確認することで検索結果に表示されます。

投稿した記事をいち早く促すツールがサーチコンソールですが、サーチコンソールにサイトマップを登録することで、記事だけでなくサイト構成もクローラーに見つけてもらいやすくなります。

サイトマップ形成も、Google XML Sitemapsをインストールすることで簡単に発行できるので、ワードプレス初期設定の段階で必ずインストールしましょう。

All In One SEO Packでサイトマップを登録している場合は、このプラグインは必要ありません。

EWWW Image Optimizer

記事に画像を挿入する為、ワードプレスに画像をアップロードしていきますが、画像枚数も増えれば当然サイトは重くなっていきます。

EWWW Image Optimizerは、アップロードした画像を自動で圧縮してくれるプラグインです。

サイトが重くなれば、せっかくあなたの記事がクリックされても、表示速度が低下し別記事へ流れてしまう可能性も高まります。

【画面上で検索マークがくるくる回り、表示までにタイムラグがある】

一度はそんな経験があると思いますが、記事が表示されるには画像や文字など読み込みが終わらなければ表示されません。

表示速度が遅い=ユーザビリティが低い

ということになるので、EWWW Image Optimizerで画像を圧縮しサイトの負担を軽減させるためインストールすることをおすすめします。

Broken Link Checker

Broken Link Checkerは、記事内のリンク切れになったURLを探すのに役立ちます。

インストールし有効化することで、ダッシュボードのツールを押すと『リンクエラー⑤』のように、何件エラーが起きてるか表示してくれます。

リンク切れはサイトの評価を低下させる要因です。

記事数が増えればリンク切れに気付かないこともあるので、評価低下の要因を一目で見つけることができるBroken Link Checkerはインストールしておきましょう。

初期導入済みのプラグイン

Akismet Anti Spamは、文字通りスパムと思われるコメントやトラックバックからサイトを助けるプラグインです。

スパムを自動判別し専用フォルダに振り分けてくれるので、ワードプレスでコメントを受け取る設定をしているなら設定すべき。

ユーザー設定は必要ですが、無料で利用できるので設定して損はないプラグインです。

初心者がインストールすべきおすすめプラグインまとめ

必要最低限で充分サイト運営できるプラグインをご紹介してきました。

今後運営して行くと『こんなプラグインがあったらいいな!』と、別のプラグインを試す機会もあると思います。

その場合は、プラグイン名で評価を調べたり、利用しているテーマとの相性など確認してからインストールしましょう。

便利にはリスクも付き物なので、そこは慎重になって良いと僕は思います(^^

万が一が起きても戻せるように、新しいプラグインを試すときはバックアップを取ってからにしましょうね。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です