Search Console

サーチコンソールの登録・設定方法【2020最新版】

今回はサーチコンソールの登録と設定方法をご紹介します。

アフィリエイトで稼いでいく上で絶対必要なツールのひとつでもあるサーチコンソール。

単にインデックスを早めたくて登録するツールと認識されている方もいるかもしれませんが、ご自身のサイトパフォーマンスを確認するには最適のツールです。

SEOで上位表示させるにはサジェストキーワードを狙うことが大前提ですが、ユーザーがどんなキーワードで検索しあなたの記事にたどり着いたかなどが分かります。

それってサジェストキーワードよりも精度が高く、しかもあなただけのデータからお宝キーワードが見つかることだって珍しいことではありません。

アフィリエイト初心者の方から、まだ設定してなかったという方にも、サーチコンソールの登録方法からおすすめの使い方まで分かりやすく解説していくので参考にしてみてください。

サーチコンソールとは?

正式名称は『Google Search Console』で、サイトパフォーマンスを管理する為のGoogleが提供する無料サービスのこと。

以前は「ウェブマスターツール」という名称で、「Webサイトの管理者」用のツールでしたが、2015年5月から「全てのユーザー」が対象となり「Google Search Console」という名称になりました。

アフィリエイトを行う上で、解析ツールとしてもう一つ有名な『Google Analytics(グーグルアナリティクス)』も活用すべきですが、アナリティクスとサーチコンソールでは解析できるデータが異なります。

【Google Analytics】

→サイトに訪問したユーザーの動向を確認できる

【Google Search Console】

→サイトに訪れる前のユーザーの動向が確認できる

もう少しかみ砕いてお伝えすると、アナリティクスではユーザが

  • どんな記事を読んだのか
  • どこで離脱したのか
  • 滞在した時間

など、サイト内でのユーザーの動きを確認するツール。

一方サーチコンソールは、

  • どんなキーワードで検索され
  • どれくらい表示され
  • どれくらいクリックされたのか

というように、記事に辿り着くまでの情報を解析できます。

アフィリエイトで稼ぐには、まずはユーザーがあなたの記事をクリックしなければ始まりません。

SEOで上位表示する為にキーワードを狙いますが、実際にユーザーの検索する動きをデータで見ることができるのは、改善策を見つける為にとても便利で重要なツールということです。

アフィリエイト初心者の方は、必ずサーチコンソールを登録しましょう。

サーチコンソールのメリット

サーチコンソールのメリットとして、

  1. Googleからエラー通知を受け取ることができる
  2. インデックス促進の為のリクエストを送ることができる
  3. カッバレッチなどサイトのパフォーマンスを確認できる
  4. 実際にユーザーが検索したキーワード『クエリ』の確認
  5. サイトマップ送信後の確認
  6. URLの削除
  7. 投稿した記事のインデックスを早めるためのリクエスト送信

などで、アフィリエイトでサイト管理を行う上で重要な機能を備えています。

これだけの解析ツールが無料で使えるわけなので、有効活用しない手はないですよね♪

ここからは早速サーチコンソールを登録していきましょう。

サーチコンソールの登録・設定方法

まずは検索エンジンでサーチコンソールと検索し、『Google Search Consoleに移動』をクリックします。

上記画面から『今すぐ開始』をクリックします。

Google提供ツールなので、Googleアカウントが必要になります。

※Googleアカウントが無い方はアカウント作成から準備しましょう。

アカウント情報を入力すると以下画面になります。

サーチコンソール登録

サーチコンソールには2種類の追加方法がありますが、今回は『ドメイン』で登録していきます。

大型サイトにも対応できるのはドメインですが、僕はサイト規模問わず『ドメイン』で登録してます。

登録したいサイトのURLで「http://〇〇〇.com/」赤文字部分だけを入力し『続行』を押します。

サーチコンソール登録

するとDNSレコードのドメイン所有権を求められます。

ここからはエックスサーバーでの作業になりますが、設定が終わったらこの画面に戻ってくるので、上記表示画面は消さないでください

上記赤枠の追加コードをコピーしたら、エックスサーバーのサーバーパネルにログインしてください。

サーチコンソール登録

ログインしたら右上の『DNSレコード設定』をクリック。

サーチコンソール登録

サーチコンソールに登録するドメインの『選択する』をクリックし、次の画面で『DNSレコード追加』を選択します。

サーチコンソール登録

ホスト名は空白のままでもOKですし、サーチコンソールで管理する為にサイト名を入力しても良いでしょう。

僕は基本ホスト名は空白のまま登録します。

  • 種別→『TXT』を選択
  • 内容→先ほどサーチコンソールでコピーしたコードを貼り付け

優先度に関して僕は『0』のまま登録してますが、特に支障はないので0のままで良いかと。

ここまで入力出来たら『確認画面へ進む』をクリック。

サーチコンソール登録

ホスト名は空白で登録するとドメイン名が表示されます。

全ての項目がご自身で入力した内容と相違なければ『追加する』へ進むと、

サーチコンソール登録

このようにエックスサーバーでのDNSレコード追加が完了します。

ここまで確認できたらサーチコンソールの画面に戻りましょう。

サーチコンソール登録

エックスサーバーでも登録が完了したので『確認』をクリック。

サーチコンソール登録

上記のように所有権証明と共にサーチコンソール登録は完了。

『プロパティに移動』を押せば、サーチコンソールの管理画面になります。

サーチコンソールの登録と設定方法まとめ

いかがでしょうか?

途中でエックスサーバーの設定が絡みますが、画像も参考にすれば迷うことはないと思います。

アフィリエイトを始めたばかりの方は重要度がピンとこない方も多いと思いますが、後回しにするより最初に設定して損はありません。

まだ設定してないという方も、この機会にサーチコンソールを使ってお宝情報を分析し、より数値向上できるよう活用していきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です